上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。

私は本を読むとき、不愉快な言葉が続くと読む気が失せてしまうことがあります。
それは必ずしも下品とは限りません。
「~ない」という否定形が続くことだったり、残酷な言葉の場合もあります。

ほとんどの人は、読んでいて心地よくなりたいですものね。
そのため、文章を書くときは不愉快な言葉はなるべく避けるように気を付けています。

けれど不愉快な言葉を使いこなすのも、物語の醍醐味だと思います。

私の好きな漫画『BANANA FISH』では、少女漫画にもかかわらずスラングが連発されます。
でもそれが登場人物の率直な感情を語ってくれて、しかもやけにかっこいいのです。

少女漫画ではモノローグで心情を表す手法がよく使われますが、それとはまた違う粋な手法だと思いました。

なかなか使いこなすのは難しいですが、少しずつチャレンジしていきたいです。
それでは、今日はこの辺りで。
2015.03.02 Mon l 一次創作の雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/84-e58bcea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。