上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。

今書いているのは少年向けの文章ですが、恋愛要素があります。
誰かが誰かに恋をするというのは、書きがいのあるものです。

誰が見ても好きになるキャラクターが相手なら、好きになる理由は作りやすいです。
でもそれは芸能人を好きになるようなもので、特別感がありません。

どうせなら、その主人公だから彼女が好きになったといえるように描きたいです。
この恋は主人公だけのもの!と誇れるような。
一方で相手の女の子も、彼女だけの良さを描いてみたいです。

とはいえ、好きになる理由をくどくどと説明するのも無粋ですよね。
案外それは、勢いだったり、なりゆきだったりもします。

その「好き」が進んで「愛」まで描けたら、とても素敵なのですけど。
……うん、私の力量ではまだまだ難しいですね。

ひとまず、読者が主人公と同じ立場になったとき、彼女を好きになれば合格です。
さあ、今作では好きになれるかな?と考えつつ、今日は失礼します。

2015.02.18 Wed l 一次創作の雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/72-ba2d57dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。