上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。

今は少年向けの新人賞に向けて文章を書いています。
その中で、どこまで恋愛要素を入れようかなと考え考え進めています。

最近は女の子向けの文章を書くのが中心なので、物語に恋愛要素は必須!というスタンスで書いてきました。
しかし考えてみれば、少年向けの物語に恋愛は絶対ではない気がします。

ラブコメは好まれるかもしれませんが、バトルや冒険の方が少年の読者に相性がいいのでしょう。
私はラブコメを書くのは苦手なので、その意味でも恋愛要素にこだわる必要はないのかもしれません。

でも誰かを好きになることって、表現する身としてはとてもやりがいがあります。
好きになるとそれを失うときの怖さとか、時には憎しみなども生まれて大変です。
けれどそういう大変さも含めて、「好き」の感情は花形だと思うのです。

そして誰かに想いを寄せる登場人物を美しく描けると、なんともいえない満足感が広がります。

だから私は物語を書くとき、たとえ恋愛でなくとも「誰が誰を好きか」は意識して作ります。
そうすることで登場人物に人間味が生まれる気がします。

今回の主人公の「好き」の気持ちは、どういう行動で示そうか?
それを考えつつ、今日はこの辺りで失礼します。
2015.02.01 Sun l 一次創作の雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/55-dcafe28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。