上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。

今はちょっとだけファンタジー要素の混じる物語を書いています。
舞台は現代で、登場人物は全員高校生です。
でも、「ん?」と不思議に思うところがぽつぽつ出てくるという。

最近自分が作ったものを振り返ると、異世界ファンタジーが圧倒的に多いです。
私はどこまでもファンタジー大好き人間だからです。
たとえていうなら尻尾まであんこの詰まったタイ焼きのような……げんなりするくらいのファンタジー。

けれど思い立って、ほとんど日常なのに、ちょっとだけファンタジーが混じる世界を展開することにしました。

例にとるのも畏れ多いくらい大好きな作品で、『キツネ山の夏休み』という児童文学があります。
優しくて、わくわくして、そしてちょっと不思議。

明確な超常現象は最後の空を飛ぶシーンだけなのですが、その瞬間の満足感は言葉にできません。
そのとき主人公が見た空が目の前に迫ってくるような、そんな感動でした。

私もちょっとの不思議でめいっぱいの夢を振りまけるよう、がんばってみたいと思います。
それでは、今日はこの辺りで。
2015.01.20 Tue l 一次創作の雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/45-1bdcd1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。