上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。
虫の音も響き、秋めいてきましたね。
夏が去るのは寂しいですが、今年も彩り豊かな季節を楽しみたいものです。

今日は「とがったヒーローについて」。
ヒーローキャラの性格のお話を書いてみたいと思います。

一次創作の文章を書き始めて十余年。
時の流れなんて語れる分際ではありませんが、やっぱり変化はいろいろあります。

最近はっとしたのが、メインヒーローの性格の変化です。
文章を書き始めた頃はクールヒーローが大好きで、そればかり書いていました。
クールというといろいろありますが、「とがっている」「かっこつけている」「強引」という感じです。

たとえば私の永遠の憧れ、ファイナルファンタジー4のカイン。
メインヒロインのローザさんに横恋慕した挙句、心の隙に付け込まれて操られ、ローザさんを拉致・監禁という素晴らしい流れに持っていったキャラです。

またはサガフロンティアのオルロワージュ。
寵姫を百人近く侍らせているくせに、逃げられた最初の寵姫を追いかけまわしていたり、その過程で拾った息子ポジションの主人公アセルスに歪んだ愛情を注ぐ、もうどう言っていいかわからないくらい好きなキャラです。

そういうキャラクターは今でも大好きで、語りだしたら半日はかかります。
ところがここ数年、そのタイプのキャラクターを書いていないのです。

じゃあその代わりにどういうヒーローを書いているのかというと、まろやかなヒーローです。
言い換えると「優しい」「過保護」「純粋」という感じでしょうか。

最近私の胸を狙い撃ちにしてきたのが、アムネシアのトーマでした。
他に好きな人が出来たと嘘をついた主人公に、素直に好きといえずに一方的にストーカーから庇い、主人公を拉致・監禁してガードするというお兄ちゃんキャラです。

……あれ?
ここまで考えたところで、デジャヴが。
アムネシアのトーマと私が幼少期から憧れているカイン、やってることは同じじゃありませんか?

よく考えてみると、私の中で好きなキャラクターの行動類型はあまり変わりがないんですよね。
変わったのは、カインはクールだったのに対してトーマは社交的で優しいタイプ(少なくとも見た目は)ということなのです。

ここで突然当サイトの話で恐縮ですが、私が最初の頃に書いていた「浮遊列車」のメインヒーロー拓磨は、「かっこつけている」かつ「過保護」というキャラでした。
そういう意味では私の幼少期と現在の過渡期のキャラクターだったんだなぁと思います。

たぶん、今私がクールヒーローを書こうとしてもうまくいかないでしょう。
でも大好きな行動類型なら辿れるはず。
たとえばトーマのように、優しくかつ狂気的なキャラクターを目指してみようかなと思います。

長々とこんな独り言に付き合ってくださってありがとうございました。
それでは今日はこの辺りで。

2014.08.30 Sat l 一次創作の雑談 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/18-b1722d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。