上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは、真木です。

今日は続きから、最近読んだ本である冲方丁さんの作品、『はなとゆめ』について書きます。

『はなとゆめ』は、『枕草子』の作者として知られる清少納言の物語です。
清少納言は随筆という形式の先駆者であり、平安時代の華やかなりし時に中宮定子に仕えた女房。

日本の歴史でも十本の指に入るほど有名な女性ですが、私は彼女が主人公の物語は読んだことがありませんでした。
だから清少納言の話、と聞いたとき、それは読んでみたいなぁと素直に思ったんです。

読んでみると、そこに描かれている清少納言像は私の思っていたものとけっこう違いました。
同時代の紫式部も苦言をこぼしていたように、わりとずけずけとものを言う、派手な女の人だと思っていたのです。

でも作中の清少納言は、宮中という異世界に怯えながら、恋愛ごとの一つずつに傷つきながら、自分の人生を生きていた人でした。
その一つ一つの感情は、決して遠い世界の住民ではなかったと思わせました。

ただ、彼女はまちがいなく稀代の才媛だったと思います。
当時の流行りは、漢詩と和歌だったそうです。そして清少納言はそのどちらも不得意だったと作中で述べられています。
けれどその中で随筆という形式を打ち立てて、それを千年の後まで残したのは、誰にでもできることではなかったでしょう。

それから、私がはっとさせられたのは彼女の年齢です。
清少納言が生涯の主と決めた藤原定子に仕えたのは、二十八歳だったと書かれています。
一方で定子は当時十七歳。
一回りも年下の上司に仕える、その難しさは今の世の人たちでも共感できると思います。
その中でも尊敬と、一種の崇拝を持ちながら仕えきった、その一途さが胸に響きました。

最後に、この物語は美しい敗北を描いたものではないことが印象に残りました。
読む前に、清少納言の仕えた定子は藤原道長の娘彰子に敗北したという事実は知っていました。
だから三国志のように、敗者への惜しみない喝采の物語かと思っていたのです。

けれど、「私の主は決して敗北などしていない」と清少納言の筆が語っているようでした。
枕草子の作られた、決して美しいだけではない経緯を描くことで、読者にもその心が胸に迫ってきます。

自分には才能がないのでは、敗者の人生を歩んでいるのではないか。
そんな気持ちがよぎったときに、読み返したくなる本だと思いました。

それでは、今日はこの辺りで。

2015.06.21 Sun l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://1010makimono.blog.fc2.com/tb.php/107-17391513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。